歩行者 VS 自動車の交通事故直後の対処法

こんにちは、自動車に2度衝突されたこばとです。

1回目は歩行中後方から衝突され、2回目は歩行中右折車に巻き込まれました。

今回はそんな経験を活かして? 交通事故直後にすべきことをまとめました。


交通事故直後

落ち着こう

交通事故に遭った直後は気が動転します。私も頭が真っ白になりました。

とにかく落ち着いて自分の怪我を確かめよう。

あとから激痛
事故から時間が経って激痛に変わる場合もあるので、少しでも痛い場所は要チェック

110番、119番通報

自分で通報しても良いですが、痛みや痺れがある場合は相手側(自動車運転手など)に通報してもらいましょう。

鉄の塊とぶつかってます
おおごとにしたくない気持ちは分かりますが、身体のダメージは計り知れないので、心配ならば119番へ通報すべき

相手の情報入手(119番通報した場合)

  • 名前、住所、電話番号(名刺があればOK)
  • 車のナンバー
  • 自賠責の会社

いろいろと書いてあるサイトがありますが、経験上、上記の3点を押さえればとりあえずOK

119番通報した場合は、10分もすれば救急車が来てしまうので、早めに情報を入手しよう!

とはいっても、全部聞きだすのは難しい。

安心してください。 私の経験上、後日警察に連絡すれば教えてくれる場合もあります。

最低限の情報入手
相手方の名前、電話番号、車のナンバーくらいは最低限押さえましょう。

相手の情報入手(119番通報していない場合)

119番通報していない場合は、時間が比較的あるので確実に上記3点は聞き出しましょう。

最悪、警察が情報交換の仲立ちをしてくれる場合もあるので、その時に交換してもよいかもしれません。

交通事故から数日以内

交通事故が、物件事故として処理されるか、人身事故として処理されるかで、のちのちの賠償に大きくかかわってきます。

交通事故直後に救急搬送された場合は、基本的に人身事故として処理されます。

しかし、119番通報していない場合は、基本的に物件事故として処理されます。

交通事故により怪我をしているならば、早急(できれば事故翌日)に病院に行き、診断書を書いてもらいましょう。

診断書を所轄の警察署に提出することで、大体の確率で人身事故に切り替えてもらえます。

緊急搬送が活きてくる
事故直後に緊急搬送された場合は、基本的に警察への診断書提出が不要

まとめ

  • 痛いなら遠慮せず救急車を呼ぼう
  • 相手に関する最低限の情報(名前、電話番号、ナンバー等)は入手する

当たり前のことなんですが、いざ当事者になると頭が真っ白になるので、上記2点は少なくとも覚えておこう。

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

機械系研究職を経験し、現在法務をやっています。 このブログでは、色々な分野に挑戦しハジケル様子をお届けします。